インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash



作品紹介

トップページ > 作品紹介 > 『MINAMATA−ミナマタ−』

2021-09-03 更新

英題:MINAMATA
MINAMATA−ミナマタ−minamata
© Larry Horricks

イントロダクション

 ジョニー・デップ製作・主演最新作『MINAMATA(原題)』が9月、TOHOシネマズ 日比谷他にて日本公開されることが決定した。

 熊本県水俣市のチッソ水俣工場による工業排水を原因とし、現在まで補償や救済をめぐる問題が続く日本における“四大公害病”のひとつ水俣病。その存在を世界に知らしめたのが、写真家ユージン・スミス氏とアイリーン・美緒子・スミス氏が1975年に発表した写真集「MINAMATA」だ。ジョニー・デップ自身が長年の憧れだったと語るユージン氏。彼の遺作ともなったこの写真集を基に、ジョニー自身の製作・主演で待望の映画化が実現した。

 映画では、報道写真家として功績を評価されながらも心に傷を抱えたユージン氏が、当時の妻アイリーン氏とともに水俣を訪れ1971年から1974年の3年間現地で暮らし、人々の日常や抗議運動、補償を求め活動する様子を何百枚もの写真に収めていく濃密な日々がドラマチックに描かれる。「彼(ユージン氏)は心の中に痛みを抱えていた。でも、水俣が彼の心を再び開いたんだと思う」と語るジョニー・デップが容姿から内面に至るまで、傷ついた写真家が、再びカメラを手に取り、闘いに身を投じていくその生き様を見事に体現し現代に蘇らせた。本作は、2020年ベルリン国際映画祭で特別招待作としてワールドプレミア上映され「デップが最高の演技を披露-THE PLAYLIST」「デップが役に消える—DEADLINE」とジョニーの魂の演技に各国メディアが絶賛。プレミアの模様は日本ほか世界中のメディアで報道された。

 共演はビル・ナイ、日本から真田広之、國村 隼、美波、加瀬 亮、浅野忠信、岩瀬晶子など実力派キャストが集結。音楽を手掛けたのは坂本龍一。主な撮影はセルビア、モンテネグロで行われた。今年、2021年(5月1日)は水俣病公式確認から65年を迎える。


minamata

ストーリー

 1971年、ニューヨーク。アメリカを代表する写真家の一人と称えられたユージン・スミスは、今では酒に溺れ荒んだ生活を送っていた。

 そんな時、アイリーンと名乗る女性から、熊本県水俣市にあるチッソ工場が海に流す有害物質によって苦しむ人々を撮影してほしいと頼まれる。水銀におかされ歩くことも話すことも出来ない子どもたち、激化する抗議運動、それを力で押さえつける工場側──そんな光景に驚きながらもシャッターは冷静に切り続けるユージンは、チッソの社長からのネガを大金で買うという申し出を拒否したために危険な反撃に遭う。

 追い詰められたユージンは、水俣病と共に生きる人々にある提案をし、彼自身の人生と世界を変える写真を撮る──。


minamata

minamata

minamata

minamata

minamata

minamata

minamata

minamata

minamata

minamata

minamata

minamata

minamata

minamata

minamata

(2020年、アメリカ、上映時間:115分)

キャスト&スタッフ

監督:アンドリュー・レヴィタス
原作:写真集「水俣 MINAMATA」W・ユージン・スミス、アイリーン・M・スミス(著)
脚本:デヴィッド・ケスラー
音楽:坂本龍一
出演:ジョニー・デップ、真田広之、國村 隼、美波、加瀬 亮、浅野忠信、岩瀬晶子、キャサリン・ジェンキンス、ビル・ナイほか

配給
ロングライド、アルバトロス・フィルム
9月23日(木・祝) TOHOシネマズ 日比谷他にて全国公開

■ オフィシャル・サイトlongride.jp/minamata/ (外部サイト)



関連記事
ジョニー・デップ製作・主演最新作『MINAMATA(原題)』9月、日本公開決定!
オンライン記者会見
加瀬 亮インタビュー映像&新場面写真解禁
ジョニー・デップ スペシャル・インタビュー映像&メッセージ

Page Top