インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash



作品紹介

トップページ > 作品紹介 『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』

2021-09-17 更新

原題:Venom: Let There Be Carnage
ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジvenom-movie
©2021 CTMG. ©& ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

イントロダクション

 スパイダーマンの宿敵であり、マーベル史上最も残虐な悪<ダークヒーロー>として誕生、2018年に劇場公開され全世界興行収入940億円を超える大ヒットを記録したトム・ハーディ主演『ヴェノム』。その続編となる『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』の日本公開日が12月3日(金)に決定した!

 原作コミックでは「もうひとりのヴェノム」という異名をもち、底知れぬ強さと残虐性をもつカーネイジ。今作ではそのカーネイジが遂に登場し、大殺戮を開始。世界を闇へと変えていく――。


venom-movie

venom-movie

venom-movie

venom-movie

ストーリー

 “俺たち”としての共同生活は板につきつつも、「悪人以外を食べない」という条件でエディの体に寄生した地球外生命体(シンビオート)のヴェノムは、食欲の制限を強いられストレスの毎日を過ごしていた。

 そんな中、未解決事件の真相を追うジャーナリストのエディは刑務所で、ある死刑囚と再会する。その男の名はクレタス・キャサディ

 これまで幾度となく猟奇殺人を繰り返し収監されたシリアルキラーで、彼には死刑執行が迫っていた。「私の秘密を教えようか」と不気味にほほ笑み、エディに対し異様な興味を示すクレタス。

 突如その時、クレタスはエディの腕へと噛みつき、エディの血液が人間とは異なることに気づく……。

 死刑執行の時、ついにクレタスはカーネイジへと覚醒――。世界を闇へと変えていく。


venom-movie

venom-movie

(2021年、アメリカ)

キャスト&スタッフ

監督:アンディ・サーキス
脚本:ケリー・マーセル
原案:トム・ハーディ、ケリー・マーセル
出演:トム・ハーディ、ミシェル・ウィリアムズ、ナオミ・ハリス、リード・スコット、スティーヴン・グレアム、ウディ・ハレルソンほか

配給
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
2021年12月3日(金) 全国ロードショー

■ オフィシャル・サイトhttps://www.venom-movie.jp/ (外部サイト)



関連記事
ファン・スクリーニング・イベント

Page Top