インタビュー・記者会見等、映画の“いま”をリポート!

Cinema Factory

Cinema Flash




広告募集中

このサイトをご覧になるには、Windows Media Playerが必要です。
Windows Madia Player ダウンロード
Windows Media Playerをダウンロードする

舞台挨拶・イベント

トップページ > 舞台挨拶・イベント > 第74回ヴェネチア国際映画祭オープニング作品『ダウンサイズ』邦題&2018年3月日本公開決定!

第74回ヴェネチア国際映画祭オープニング作品
『ダウンサイズ』邦題&2018年3月日本公開決定!

2017-09-02 更新

マット・デイモン、クリステン・ウィグ、アレクサンダー・ペイン監督ほか

ダウンサイズdownsizing

配給:東和ピクチャーズ
2018年3月 全国ロードショー!
© 2017 Paramount Pictures. All rights reserved.

 この度、『ファミリー・ツリー』『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』のアレクサンダー・ペイン監督、マット・デイモン主演の最新作『Downsizing(原題)』の邦題が、『ダウンサイズ』に決定! 東和ピクチャーズ配給にて2018年3月に日本公開することが決定した!

 人口が増え続け、住みづらくなってしまった地球。物語はノルウェーの科学者によって、なんと人間の体のサイズを13cmに縮小する方法が発見されるところから始まる。今や地球規模の社会問題として人類を悩ます人口過多問題が一気に解決する「全人類縮小200年計画」が持ち上がるのだった。ネブラスカ州オマハでストレスフルな生活を送るどこにでもいる平凡な男ポール・サフラネック(マット・デイモン)と妻オードリー(クリステン・ウィグ)。彼らは少しの蓄えでも裕福になれ、幸せな生活が約束される縮小された世界に希望を抱き、13cmの身体で生きていくことを決意するのだったが――。

downsizing 発表する作品が次々とオスカーにノミネートされ、『ファミリー・ツリー』では第84回アカデミー賞®脚色賞を受賞、今やすっかりアカデミー賞®の常連となった監督アレクサンダー・ペインの最新作は、“全人類の縮小計画”という信じられないアイデアを「こんな未来が本当に来るのかも……」と思わせるほどリアリティたっぷりに描く、社会風刺とコメディの風味を利かせた奇想天外なドラマ。主演に『オデッセイ』でアカデミー賞®主演男優賞ノミネートのマット・デイモンをむかえ、妻役に『ゴーストバスターズ』(2016)のクリステン・ウィグ、ミニチュア人類社会のカギを握る謎の男に扮する名優クリストフ・ヴァルツ、そしてTVシリーズでの活躍が目覚ましいホン・チャウが、物語を大きく動かす重要なキャラクターとしてシニカルとユーモラスを兼ね備えた見事な演技を披露している。

downsizing 第74回ヴェネチア国際映画祭オープニングを飾り、現地時間8月30日(水)に行われた公式記者会見に出席したマットは「世界中の俳優がペイン監督と仕事をしたいと思っているんだ。もし電話帳の役を頼まれたら、電話帳だって演じるよ。この作品は、とにかく脚本が美しく、素晴らしい。オリジナリティに溢れてユニークなんだ。『ダウンサイズ』は、本当に美しくて前向きな映画だよ」とコメント、ペイン監督も「この作品は、SFの要素を持ち、大きなキャンバスで物語を描いているが、これまで(脚本家の)ジムと一緒に作ってきた作品と同様のトーンやユーモアの感覚もあるんだ」とその出来に自信を見せている。

 果たして、小さくなった世界で何が起こるのか――? 誰も予想がつかない展開、豪華俳優陣の確かな演技とペイン監督の手腕が光り、また一足早く作品を鑑賞した全世界の評論家・ジャーナリストから早くも絶賛の声が相次ぎ、早くも本年度アカデミー賞®の呼び声が高い『ダウンサイズ』に期待したい。


(オフィシャル素材提供)



関連記事

Page Top